超高温材料の世界

極限への挑戦

 株式会社超高温材料研究センターは、航空・宇宙、環境エネルギー、輸送用機器、素材製造および電気・電子などの分野において使用される耐熱材料や機能性材料の開発を支援する目的で設立され、これまでに多くのご利用者の新規材料の研究、開発、事業化のお手伝いをさせて頂いております。

超高温材料とは?

 超高温材料は、およそ1000℃以上の高い温度で酸化や腐食、あるいは大きな力にも耐える材料です。その主な用途は下記に示す4つに大きく分けられます。

 超高温材料を必要とする産業分野

航空・宇宙

環境・エネルギー

輸送用機器

素材製造等

miraino-zairyo-2.png